2005年10月04日

他人のブログ

最近自分でブログを書くようになってから、
よく他人のブログを読むようになった。

芸能人で言うならブログの女王真鍋かをりの
物だったり、ヤクルトの古田選手の物だったり
青木さやかさんやDondokoDonのぐっさんの
物だったり・・・

その内容は、日記という観点ではなくて、
物事についての一考察であったり、ただ単純に
日記として書いてあったり、実に様々だ。

TVや雑誌でブログブログと騒がれ始める前から
ブログは知っていたけど、こんなにちゃんと
読み始めたのは本当にごく最近のことだ。

自分の中でちょっとした偏見もあった。
流行だから、と思っていた。

それでも自分の旦那さんが「ブログを始めよう」
と、私を誘ってくれた時、意外とすんなり
「うん」と言ってしまったのは、心のどこかで
書きたい」と思っていたからかもしれない。

ブログを始めて見てからは、面白くなった。
他人のブログもよく読むようになった。
ただ単なる流行という一過性のものじゃない
ような気もしている。

だって、更新もめんどくさいヨ、ブログなんて。
それでもこれだけ書く人がいるのは、皆、自分の
中に「文章を書く」欲求があるからだと思う。

誰でも自分のブログの中では自分が主役。
思っていることをただ書けばいいだけだけど、
好き放題書いていいわけだし・・・。

皆がブログブログと騒ぐのも分かるような
気がしている今日この頃なのでした。
posted by ふみたろう at 22:35| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、おみつです。

私の場合は、昔から日記をつける習慣があったので、
HPやブログはすんなり入っていけました。

私は知人のブログしか見ていないけど、
遠くに離れている人ほど、不思議と身近に
感じるのが不思議です。
昔は、電話や手紙しか伝達手段がなかったけど、
こうやって不特定多数の人に公開してるんですからねー。

でも、こうやって文章で「伝える」事ができる
のはいいことだと思うネ!
Posted by おみつ at 2005年10月06日 01:13
おみつさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。

私は日記をつけようと思ってもすぐに挫折する
方でしたね、やっぱり。
やっても挫折するだろうなと思ってましたから、
むしろやってもムダだ、ぐらいに思ってました。
意外とまめに書けるもんだなと今では思ってます。

確かにその人自身のHPを見るより身近な気が
しますね、ブログって。
わりとその人の本心に近いものが書いてある
でしょうし・・・。

言葉だけで伝えるのではなく、文章で伝えるのも
本当にいいもんですね!
Posted by ふみたろう at 2005年10月10日 23:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック