2005年08月31日

本のこと

何をかくそう、私は本の虫。
いつでもどこでも手放せない。
よって荷物も若干多くなる。
お金もかかる。
悪循環この上ない。
それでも、明日のパン代がなくてもきっと本を買うと思う。
それぐらい手放せない。

今読んでいるのはヴィレッジブックスから出版されている
「イブ&ローク」のシリーズ第7作。
このシリーズ、実はロマンスが含まれている。
ヴィレッジブックス自体、私はハーレクインのような印象を
抱いていた。
確かにこのシリーズの主要登場人物であるロークは、
お金も美貌も何もかもを持っている男性で、素晴らしく
人間も出来ており、非常に人間味がない。
しかし主人公であるイブは、これでもかというほど
人間くさい。
人間の弱さを持った、魅力的かつ有能な警部補なのだ。

女性が書いているからなのか、イブの他、女性の登場人物は
皆非常に共感の持てる女性ばかりだ。
警察という男社会の中で懸命に働き、時には恋もしつつ、
犯罪の被害者に心から憤りを覚え、そして心から被害者に
同情という名の愛情を注ぐ。

イブは少女時代のトラウマを抱えており、人を簡単には
信用できないでいる。
そのかたくなな心をロークが溶かし、仕事仲間でもあり
友人でもある女性たちが育てていく。

素晴らしい男性と、素晴らしい友人に囲まれたイブを、
うらやんだりはしない。
なぜなら、彼女の葛藤も見事に書かれているから。
ロークや友人たちとの幸せな時間を過ごすイブを、心から
祝福して読むことができる。

「ロマンス物」も侮っちゃいけない1作なのだ。

でも「今何読んでるの?」と聞かれると、おおっぴらには
言えない私は、まだまだ器が小さいんですかね・・・たらーっ(汗)
【関連する記事】
posted by ふみたろう at 22:44| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック